勢い鈍る格安スマホ 大手との価格差も縮小

通信速度はやや遅いが、月額の利用料金が格段に安い「格安スマホ」。そのシェアは伸び続けているが、ここに来て伸びの勢いが鈍化してきた。大手からの乗り換えが爆発的に広がらないのはなぜか。

格安スマホは、NTTドコモなど大手3社から回線を借りる事業者のサービス。ドコモやauの6月からの料金は通信量3~4ギガの基本的なプランで月4千円台だが、格安スマホの同等プランは2千円程度と安い。

MM総研(東京)による3月末時点の推計で、格安スマホの契約数は1312万回線。携帯電話全体に占めるシェアは7.4%になったが、1年前からの伸び幅は1ポイントとそれまでの3年よりも小さくなっている。

伸びが鈍っている理由について、格安スマホ「マイネオ」を展開するオプテージは「ITに詳しく、低料金を求める人たちはすでにある程度移ってしまった」とみる。格安スマホの利用者は、通信に必要な「SIMカード」をスマホに差し込むところから、初期設定を自分でやるのが基本。設定作業に不安がある人には手を出しにくいイメージがあるという。

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-00000500-san-bus_all (Yahoo!ニュースより引用)

 

≪全力でお待ちしています≫

ホームぺージに掲載できないものが多数ございます。
まずは、お問い合わせいただければ嬉しいです。
神田不動産ネット
運営会社:株式会社リブラゾーン
[免許]東京都知事(1)第99189号
03-5213-4920
(平日10:00~18:00)※土日祝休日
全日本不動産協会