北川景子「家売るオンナ」最終回 番組最高13・0%で有終の美!夏枯れ、五輪に負けず健闘

yu001女優の北川景子(30)が主演を務める日本テレビ「家売るオンナ」(水曜後10・00)の最終回(第10話)が14日に放送され、平均視聴率は13・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが15日、分かった。

第3話(7月27日)で記録した12・8%を上回り、自己最高記録を更新。有終の美を飾った。

初回12・4%と今期ドラマでトップ発進を切り、第2話は10・1%、第3話で12・8%、第4話は12・4%。今夏の民放ドラマで初回から4話連続2 桁キープした唯一の作品だったが、第5話は、同時間帯に放送されたリオデジャネイロ五輪・卓球女子シングルス準決勝「福原愛―李暁霞(中国)戦」が放送さ れたことも影響した形で、9・5%と初の1桁。それでも第6話で11・6%と盛り返すと、以降も2桁で推移していた。

全10話の平均視聴率は11・6%で2桁をマーク。在宅率が下がり、一般的に数字が取りにくいとされる夏ドラマ。今夏はリオデジャネイロ五輪も重なったが、全話平均で2桁超えと健闘した。

北川演じる不動産会社のスーパー営業ウーマン・三軒家万智(さんげんや・まち)が「私に売れない家はない」と豪語し、どんな客とも売買契約を成功させる お仕事ドラマ。北川にとっては、今年1月にタレントで歌手のDAIGO(38)と結婚してから、初の連続ドラマ主演。脚本は大石静氏、演出は猪股隆一氏、 佐久間紀佳氏、山田信義氏。

第10話は、営業所の課長・屋代(仲村トオル)の元に、バーのママ・こころ(臼田あさ美)が泣き付いてくる。店が入っているビルの取り壊しが決まり、立 ち退きを迫られたというのだ。屋代は、ビルの空きテナントを埋め、ビルの価値を高めた上で一棟売却をしようとオーナーに提案し、営業課は一丸となってビル のテナント探しに奔走する。そんな中、庭野(工藤阿須加)は足立(千葉雄大)から、万智(北川)の異動の噂を聞き、心を乱す。一方、万智は、かつて有名な バレリーナだった葵(凰稀かなめ)と、彼女の娘カンナ(堀田真由)の家探しを担当する…という展開だった。

≪全力でお待ちしています≫

ホームぺージに掲載できないものが多数ございます。
まずは、お問い合わせいただければ嬉しいです。
神田不動産ネット
運営会社:株式会社リブラゾーン
[免許]東京都知事(1)第99189号
03-5213-4920
(平日10:00~18:00)※土日祝休日
全日本不動産協会