国交省 計画運休検証へ 近く鉄道各社と協議

台風15号の直撃で首都圏の交通網が寸断され、JR東日本だけで278万人に影響が出た。

国土交通省は、計画運休の周知の仕方など、今回の計画運休で見られた課題を検証すると発表した。

JR東日本は、およそ12時間前に利用者に周知したうえで、首都圏の全線で始発から計画運休を実施した。

しかし、山手線が予定より2時間遅れて運転を再開するなど、一部の路線で混乱が続き、その結果、多くの駅で人が滞留し、入場規制なども行われた。

国土交通省では、計画運休の周知の仕方、予定が変更された場合の対応などについて、近く鉄道各社を集めて計画運休の課題などを検証するとしている。

また、交通アクセスが遮断され、1万3,000人以上が一夜を明かした成田空港のトラブルについても検証するとしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190910-00423791-fnn-soci Yahoo!ニュースより引用

 

≪全力でお待ちしています≫

ホームぺージに掲載できないものが多数ございます。
まずは、お問い合わせいただければ嬉しいです。
神田不動産ネット
運営会社:株式会社リブラゾーン
[免許]東京都知事(1)第99189号
03-5213-4920
(平日10:00~18:00)※土日祝休日
全日本不動産協会